NTT-AT 先端技術商品紹介サイト Leading-Edge Key Technology Product Information
ホーム > 設備保全 > 超撥水材料 HIREC® > 適用例 > 撥水材料とアンテナ融雪装置との比較

撥水材料とアンテナ融雪装置との比較

環境ビジネスユニット TEL 0422-39-8966 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム

電波減衰は、アンテナ表面への着雪、およびその雪が解けた際に形成される水膜により発生します。そのため、融雪ヒーターで雪を解かしても、水膜が残ると電波減衰は発生してしまいます。
HIREC100を塗装した場合、超撥水性能により雪が積もることがなく、水膜も形成されないため、安定した受信状況を確保できます。

図1 BSアンテナの電波受信状況
図1 BSアンテナの電波受信状況(1997年1月2日から1月4日)


表1 アンテナの対策別 電波減衰の比較

対策 未処理 融雪ヒーター HIREC100 HIREC100
+融雪ヒーター
電波減衰 有り 有り ほぼ無し ほぼ無し

 

アンテナへの撥水シートによる雪対策事例紹介

 

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

材料分析サービス

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

カタログ一覧

閉じる