NTT-AT 先端技術商品紹介サイト Leading-Edge Key Technology Product Information
ホーム > 光工事・保守 > 高耐久性ガラス切り

高耐久性ガラス切り

DFCB-1,DFCB-2

商品お問い合わせセンタ TEL 0120-057-601 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム

光コネクタフェルール組立の際に、研磨前の余分な光ファイバを"さくっと"切断
 

高耐久性ガラス切り品番DFCB-1 と DFCB-2 製品画像
左:固定タイプ 品番:DFCB-1  右:先端部可動タイプ 品番:DFCB-2

特徴

従来品ですぐに刃先が磨耗し切れなくなるという不満を解消。切れない刃では光ファイバ端末の欠けがフェルール内部に及び、再研磨や再取付けの手戻りが生じてしまいます。

高耐久性

  •  使用可能回数は1万回以上(光ファイバスライドカッタ用の高耐久性切断刃を使用)

操作性

  •  刃渡りが長く、光ファイバに傷を付ける作業が容易
  •  固定及び先端部可動タイプを用意、手元や斜め前方での作業に対応

汎用性

  •  単心用に加え多心用フェルールの研磨前処理にも有効

使用方法

1.光ファイバ接着後で研磨前のフェルールに対し、その端末の接着剤層から突き出た光ファイバ根元の表面に、刃を軽く当てスライドすることで傷を付ける。
 

光ファイバ接着後で研磨前のフェルールに対し、その端末の接着剤層から突き出た光ファイバ根元の表面に、刃を軽く当てスライドすることで傷を付ける。

 

2.突き出た光ファイバの先端部分に刃の側面を軽く当て押すことで、余分な光ファイバを切断する。
 

突き出た光ファイバの先端部分に刃の側面を軽く当て押すことで、余分な光ファイバを切断する。

仕様/詳細

ペン型の『固定タイプ』と先端の刃の部分が曲がる『先端部稼動タイプ』をご用意しています。

全長 φ10mm × 130mm
重さ 6g
材質 超鋼合金(刃)

資料ダウンロード

高耐久性ガラス切り 162KB

関連商品

光ファイバ切断に

高耐久性ガラス切り 高耐久性ガラス切り
光コネクタフェルール組立の際に、研磨前の余分な光ファイバを切断します。
光ファイバスライドカッタの製品画像 光ファイバスライドカッタ
屋外やビル内・宅内での融着接続、メカニカルスプライス、簡易コネクタ接続を実施する際の単心光ファイバ切断

光ファイバ心線の被膜除去に

光ファイバニッパ FN250-C125 光ファイバニッパ FN250-C125
融着接続、メカニカルスプライス、コネクタ接続などの際に、250µm光ファイバ心線の被覆除去に
光ファイバニッパの製品画像 光ファイバニッパ FN500-P250
外径0.5mm心線の外層被覆を簡易に除去する光ファイバ用ニッパ形ストリッパ

 

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

材料分析サービス

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

ダウンロード一覧

閉じる