NTT-AT 先端技術商品紹介サイト Leading-Edge Key Technology Product Information
ホーム > 材料分析サービス > 化学分析 > 環境調査 > 燃焼-イオンクロマトグラフィー(Combustion-Ion Chromatography)

燃焼-イオンクロマトグラフィー(Combustion-Ion Chromatography)

営業部門 TEL 046-270-2075 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム

有機、無機材料中の微量ハロゲン、硫黄の測定

近年、EUにおける特定有害物質の使用禁止(RoHS)指令(カドミウム・鉛・水銀・六価クロム・臭素系難燃剤(PBBs・PBDEs))やREACH規制以外にも、環境問題への意識の高まりから、ハロゲンを含まない材料(※ハロゲンフリー)への代替が進められています。

燃焼-イオンクロマトグラフィーを用いることで有機、無機材料中の微量ハロゲン、硫黄の測定ができます。ここでは、燃焼-イオンクロマトグラフィーの原理と適用例をご紹介致します。

※ハロゲンフリーの定義 :
日本電子回路工業会(JPCA)、国際電気標準会議(IEC)、米国電子回路協会(IPC)
塩素含有 900ppm以下、臭素含有 900ppm以下、塩素 + 臭素含有1500ppm以下

原理

試料を燃焼分解ユニット内に設置し、酸素を含む燃焼ガス気流中で燃焼させて、発生したガスを吸収液に捕集します。吸収液に捕集した各種ハロゲンや硫酸イオンをイオンクロマトグラフィーにて分離、定量します。

燃焼-イオンクロマトグラフの装置構成図
図 燃焼-イオンクロマトグラフの装置構成図

適用例

  • 各種電子材料(プリント基板、封止材)やポリマー中の塩素、臭素、硫黄分析
  • 電池材料、樹脂材料、医薬品、化成品、有機合成品等の原料分析
  • 廃油、廃溶剤、石炭、石油、灯油、塗料、触媒等のハロゲン、硫黄分析
  • RoHS指令における臭素系難燃剤(PBB、PBDE)の高精度スクリーニング分析
  • フッ素系化合物(PFOA、PFOS)含有のスクリーニング分析

測定原理紹介

イオンクロマトグラフ
液体試料(水溶液)中のppbレベルの各種イオンを高感度に分析


 

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

材料分析サービス

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

ダウンロード一覧

閉じる