NTT-AT 先端技術商品紹介サイト Leading-Edge Key Technology Product Information
ホーム > 光コネクタ製造 > 光コネクタ用測定器 > 光コネクタ端面三次元形状測定システム

光コネクタ端面三次元形状測定システム

MAX+ / MAX / SMX / WIZシリーズ

光コネクタ端面三次元形状測定システム担当 TEL 0422-47-7701 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム
SMXシリーズ製品画像
SMXシリーズ
MAXシリーズ
MAXシリーズ

 

安定した正しい接続を実現するには、接触する光コネクタ端面同士が適切な端面形状になっている必要があるため、端面形状の精密測定は必須となっています。
光コネクタ端面三次元形状測定システム SMX/MAXシリーズは、単心・多心コネクタの端面形状を自動測定する、IEC国際規格に準拠した非接触の干渉型顕微鏡です。
測定精度の高さや扱いやすさはもとより、コンパクトな筐体とスピーディな測定を可能とし、光コネクタ製造現場における作業品質を向上します。

※測定には別途パソコンとコネクタ種別に応じたマウント治具が必要になります。パソコンの動作環境については下記動作環境にてご確認ください。

資料ダウンロード

光コネクタ端面三次元形状測定システム MAX+/MAX/SMX/WIZシリーズ 1.9MB
マウント一覧表(SMXシリーズ) 430KB
マウント一覧表(MAXシリーズ) 598KB

特徴

 

コンパクトで軽量な筐体

筐体はコンパクトで、B4ノートよりも狭いスペースに設置できます。そして3kg未満(SMXシリーズ)、4kg未満(MAXシリーズ)と軽く、持ち運びが簡単です。また、PCにUSBケーブルを接続するだけで測定&給電ができるため、外部電源は不要です。

汎用PCで測定可能

一般的なWindows PCに測定用ソフトウェアとドライバーをインストールするだけで、すぐに測定を始めることができます。

鮮明な画像をスピーディに測定

測定イメージ
広視野角かつ高解像度を誇る高性能イメージセンサーの 採用により、画素の欠落がない高精度な画像を測定します。MAXシリーズは、さらに高解像度(単心専用)、高速(多心専用モデル、単心/多心両用モデル)の測定を可能としました。

豊富なマウント治具

マウント治具
マウント治具が交換式のため、SC・LC・FCといった標準的な光コネクタはもちろん、E2000やMIL-STなどの特殊な光コネクタも測定可能です。MAXシリーズは測定対象のコネクタのセッティングが、よりスムーズになりました。

除振台不要

筐体は入念な除振対策が施されているため、除振台などは必要なく、設置場所を選びません。

セッティング不要

精密研磨加工されたマウント治具の採用により、面倒なキャリブレーションなどの調整作業はほとんど必要ありません。
 

機種選択のポイント

コネクタ端面を測定する目的に合わせて機種をお選びいただけます。
 

機種選択のポイント

 

形状測定用ソフトウェア【MaxInspect】の機能と特徴

使いやすいインタフェース

インターフェース画面イメージ
画像をクリックすると拡大します
機能ごとにアイコン化されたインタフェースは直感的な操作が可能です。日本語の標準マニュアルに加え、NTT-AT 独自の簡易マニュアルも添付しており、初めてでも操作に迷う心配はありません。

※:言語は英語・中国語・ロシア語・日本語から選択できます。(左図は日本語画面です)

量産に適した設計

インターフェース画面イメージ
画像をクリックすると拡大します
表示の簡易設定(エクスプレスモード)や、フットペダルスイッチによるハンズフリーでの測定など、量産工程での品質検査に最適な機能を備えています。また、合否判定規格値などが変更できない作業者専用モードの設定など、使用者に応じた動作環境のカスタマイズも可能です。

※:フットペダルスイッチはオプションです。

充実のレポート出力機能

充実のレポート出力機能
画像をクリックすると拡大します
形状測定結果や傷自動判定結果を、PDF・HTML・エクセ ル形式で出力・保存することができます。また、各測定デー タの最大・最小・平均・偏差を自動で計算し、サマリー形式 での出力も可能なため、それらを新たに計算する必要はありません。

 

傷自動判定機能

傷判定レポート画面イメージ

画像をクリックすると拡大します。
端面形状測定時に光コネクタ端面の画像を取り込み、画像解析によってキズや汚れ、欠けなどを検出・判別し、自動合否判定を行います。従来は別工程となっていた端面傷検査と端面形状測定が、SMX/MAX一台で同時測定が可能になり、工程数削減、工程時間短縮に貢献します。

 

仕様

MAXシリーズ

  MAX-QS MAX-QM-B MAX-QM
対応コネクタ 単心コネクタおよびMT-RJ 単心コネクタ、
多心コネクタ
 多心コネクタ
空間分解能  1.1 µm    1.4 µm  2.2 µm
測定時間*  2 sec (PC)  < 1 sec (PC)
5 sec (MT12)
 3 sec (MT12)
視野範囲  1.1 × 0.9 mm  3.5 × 1.8 mm  5.3 × 3.0 mm
測定モード 位相シフトおよび白色光 位相シフトおよび白色光  白色光
最大イメージサイズ  2590 × 1940 px  2590 × 1940 px  2590 × 1940 px
電源  external
(two USB 3.0 cables)
 external
(two USB 3.0 cables)
 external
(two USB 3.0 cables)
重量  3.9 kg  (8.6 lbs)  3.8 kg  (8.4 lbs)  3.8 kg  (8.4 lbs)
外寸[mm](H*W*L)  103 × 137 × 183 mm
(4.06 × 5.39 × 7.2 inches)
 103 × 137 × 183 mm
(4.06 × 5.39 × 7.2 inches)
 103 × 137 × 183 mm
(4.06 × 5.39 × 7.2 inches)

SMXシリーズ

  SMA-7QS-T SMX-8QM-B SMX-8QM
対応コネクタ 単心コネクタおよびMT-RJ 単心コネクタ、
多心コネクタ
多心コネクタ
空間分解能  1.3 µm  1.4 µm  2.2 µm
測定時間*  1 sec (PC)  1 sec (PC)
12 sec (MT12)
 6 sec (MT12)
視野範囲  d=1 mm  3.5×1.8 mm  5.2 × 3.8 mm
測定モード 位相シフトおよび
白色光
位相シフトおよび
白色光
 白色光
最大イメージサイズ  1280 × 1024 px  2590 × 1940 px  2590 × 1940 px
電源  external
(two USB 2.0 cables)
 external
(two USB 2.0 cables)
 external
(two USB 2.0 cables)
重量  2.2 kg (4.8 lbs)  2.3 kg (5.1 lbs)  2.3 kg  (5.1 lbs)
外寸[mm](H*W*L)  93 × 130 × 150 mm
(3.66 × 5.12 × 5.90 inches)
 92 × 128 × 170 mm
(3.62 × 5.04 × 6.69 inches)
 92 × 128 × 170 mm
(3.62 × 5.04 × 6.69 inches)

*:測定時間は、使用するパソコンや測定するコネクタの端面状態によって変わります。
 

動作環境

SMX/MAX シリーズ動作環境(*1)
対応OS Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
CPU intel Core i5以上 (推奨)
500 M flops以上 (最低動作環境)
メモリ 4GB(推奨)
2GB(最低動作環境)
グラフィック Geforce 4000系以上もしくは
Radeon 9000系以上(推奨)
8MB(最低動作環境)
インターフェース USB2.0/3.0 ×2(*2)
測定結果出力 ・Excel(2007以降)
・PDF
・HTML

*1:動作環境は予告なく変更になる可能性がございます。
*2:MAXシリーズのみUSB3.0×2

標準付属品

品名 個数
測定器収納用ハードケース 1個
本体キャリブレーション用マウント 1個
マウント固定用ネジ 2個
USBメモリ(ソフトウェア、ソフトウェアライセンス、マニュアルデータ同梱) 1個
USBケーブル 2本
(MAXシリーズのみ) ロック解除用ドライバー 1本

 

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

材料分析サービス

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

ダウンロード一覧

閉じる