NTT-AT 先端技術商品紹介サイト Leading-Edge Key Technology Product Information
ホーム > EMC・ソフトエラー試験サービス > ソフトエラー試験サービス

ソフトエラー試験サービス

宇宙線起因の誤作動を再現

商品お問い合わせセンタ TEL 0120-057-601 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム
小型加速器中性子源を用いたITU-T国際標準規格に提案中の試験方法に基づくソフトエラー耐力試験をご提供
2016年12月19日(月) 
宇宙線に起因する電子機器の誤動作「ソフトエラー」を再現させる「ソフトエラー試験サービス」を開始

ソフトエラーによる故障対策・試験が必要な高性能の情報通信機器

インターネット等の高速通信ネットワークに用いられる高機能、高性能の情報通信装置は小型化や省電力化が強く求められており、半導体デバイスの更なる高集積化が進んでおります。しかし、半導体デバイスの高集積化に伴い、宇宙線由来の中性子線が引き起こすソフトエラーへの対処が産業界全体の課題になっています。

弊社が提供するソフトエラー試験では、被試験装置に中性子を照射し、発生するエラーを測定および判定することで、実環境でのソフトエラー耐力を明らかにするサービスを提供します。 この試験により、故障が社会に重大な影響を与える電子機器や情報通信装置、サーバー装置などに対して、ソフトエラーによる不具合や故障発生率を予測することが可能となります。

これからの社会では、重要装置等はソフトエラーの発生を前提とした対処方法の構築が必要となり、信頼性向上にはソフトエラーの発生をリスクとして捉えた対応が求められます。

特徴

弊社提供のソフトエラー試験サービスの実施により、故障やエラーが社会に重大な影響を与える電子機器や情報通信装置、サーバー装置など、ソフトエラーを原因とする故障の発生率を予測することが可能となります。また、LSIやICの設計段階での試験では、ソフトエラーの発生箇所を発見することが可能となり、早期にお客様にて対策を講じることが可能となります。

試験の実施方法と判定基準は、ITU-T SG5で策定中のK.soft_testに基づいて実施します。従って、国際的な標準方法に準じた試験を行うことが可能です。

試験内容

小型加速器から被試験装置に低レベルから中性子を照射し、エラーが発生することを確認します。さらに、調整した試験レベルで故障発生率を評価して、対策の有無による効果を確認します。

ネットワークサービスイン後に発生した故障を再現するための試験のイメージ
ネットワークサービスイン後に発生した故障を再現するための試験のイメージ

仕様および詳細

仕様
照射可能な被試験装置のサイズ 50cm×50cm程度
被試験装置への供給電源設備 AC100V/20A、AC200V/20A
※ 右記以外をご希望の方はご相談ください。

設備情報
陽子加速器(サイクロトロン) CYPRIS 370、 住友重機械工業製
加速エネルギー 18MeV
加速ビーム電流 20μA(自然界の1億倍まで加速可能)

試験実施場所
〒799-1393 愛媛県西条市今在家1501番地
住重アテックス株式会社内の設備を使用
https://www.shiei.co.jp/company/

お問い合わせ先

環境ビジネスユニット EMCセンタ TEL 0422-51-9811 (受付時間9:00~17:00) 年末年始祝祭日除く
お問い合わせフォーム

サービスご利用の流れ

本サービスご利用の際は、事前に試験内容を打合せし、お見積りさせていただき、SHIEI等の小型加速器中性子源施設にて試験を実施いたします。その後、試験結果の報告書を提出いたします。
サービスご利用の流れ
サービスご利用の流れ

製品一覧

閉じる

サービス一覧

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

ダウンロード一覧

閉じる