ホーム > 設備保全 > 超撥水材料 HIREC® > 超撥水材料 HIREC®

超撥水材料 HIREC®

環境ビジネスユニット TEL 0422-39-8966 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム
これまでの撥水(はっ水)材料の概念を大きく塗り替えた、NTTアドバンステクノロジの超撥水材料HIREC®(ハイレック)。

このはっ水材料HIRECを施工した面は、水を弾き濡れない状態、すなわち、水膜がほとんど生じない状態となります。この材料の主な用途を以下に示します。

超撥水材料 HIREC®
  1. 降雨時の水膜に起因するアンテナレーダなどの電波減衰を大幅に軽減できます。 
  2. みぞれや融雪時において水膜が形成される可能性がありますが、撥水加工によって、水膜による電波減衰を軽減できる可能性があります
  3. 着氷力が小さいことから、除雪作業が短時間で行なえるとともに、つららが出来ても大きくなる前に落下します。
  4. 撥水加工した構造物が一定の条件を満たせば、0℃以下でも雪を自重落雪させることが可能です。
お客様の声 実際に超撥水材料 HIREC®をお使いいただいているお客様から、利用用途、使って良かった点などお話をいただきました。こちらからご覧ください。
降雪時における運行の乱れを防止するため、車体内側にHIRECを採用いただきましたお客様の声を掲載しました。
事例紹介 超撥水材料HIRECの適用事例がこちらでご覧いただけます。
比較試験結果 超撥水材料HIRECと他社撥水材との比較試験を行いました。
比較試験結果(PDF)(2015年4月3日掲載)
HIRECに関してよくお問合せいただく内容をご紹介 HIRECに関してよくお問合せいただく内容をFAQとしてご紹介しております。
超はっ水材料HIRECに関するFAQ
デモンストレーション 段ボールで迷路を作成し、水玉を転がした超撥水迷路の様子をご覧ください。NEW!!

強力に水をはじく「撥水性」

超撥水材料・HIRECの最も重要な特長は、水をよせつけないことです。「撥水水性」とは、防水のように「水の浸透を防ぐ」のではなく、「水を弾く」というまったく異なる特長です。HIRECでは、物体と水滴との接触角が150°以上と、非常に優れた撥水性能を発揮します。HIRECの塗装面に水を落とすと、その瞬間に、水滴が小さく弾かれるように飛散します。塗装面に残った水滴は、まるで"立っている"かのように球状を保ちます。この優れたHIRECの性能は、産業や暮らしの幅広い領域で、これまでにない効用を生み出すことが期待されています。

getwmp.gif
動画の再生には、プレーヤーソフトウエアのWindows Media Player(無料)が必要です。 右のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。

適用事例

超撥水材料HIRECの適用事例がこちらでご覧いただけます。

  1. 降雨時におけるアンテナの電波減衰について(参考1)みぞれ時および融雪時の電波減衰について
    (参考2)撥水材料とアンテナ融雪装置との比較
  2. 撥水シートによる雪対策 アンテナ設置から約26ヶ月後の降雪時におけるBSアンテナの電波受信状況を追加しました。
  3. 橋梁への雪対策
  4. 通信線の雪対策
  5. 通信・放送関連設備への適用(参考1)繊維強化プラスチックへの適用例軽くて強い材料としてアンテナなどに使われるFRP。一年間屋外暴露後のFRPにはっ水加工を施し水膜形成の様子を観察しました。
  6. 電力・エネルギー関連設備への適用
  7. 気象・天文関連設備への適用
  8. 芸術作品への適用

芸術作品へのHIREC適用例

降雨時におけるアンテナの電波減衰
降雨時におけるアンテナの電波減衰

HIRECのデモンストレーション

超撥水材料HIRECのデモンストレーョンがこちらでご覧いただけます。

用途で選べる。いちだんと性能アップしたHIREC®シリーズ。

超撥水材料・HIRECは、目的や用途に応じて、幅広いラインアップをご用意しており、最適な製品をお選びいただけます。
水、雪、氷、つらら等による被害にお困りの場合に、新しい対策手段をご提案いたします。

防汚機能あり。屋外での寿命が約3年。HIREC® 100

HIREC® 100
撥水材料は一般的に、大気中の汚染物質が塗膜表面に付着すると、撥水性能の早期低下が生じるという課題があります。 その課題を解決するため、光触媒材料の配合によって、塗膜表面を常に新鮮に保つことができるHIREC100を開発しました。これにより、約3年間*の超撥水性能維持が期待できるようになりました。 なお、HIREC100の塗膜は白色不透明ですが、カラー化が可能です。
*弊社推奨膜厚(約30μm)での期待期間です。超撥水性能の維持期間はご利用環境等により異なりますので、性能維持期間を保証するものではございません。

 

推奨環境 主な用途 特徴
屋外 アンテナ(パラボラ、レドーム等)、
鉄塔、橋梁、レーダー、碍子(がいし)、反射板など
光触媒機能あり
白色不透明(カラー化可能)
下塗り必要
塗装仕様等はこちら

HIREC 100の補修用スプレータイプHIREC® 1100

HIREC® 1100
HIREC 100塗装面の軽微の塗膜補修用に、手軽にお使いいただける、エアゾールタイプの補修材です。
推奨環境 主な用途 特徴
屋外 HIREC100の簡易補修用
(HIREC100下塗りの上に塗布する)
スプレー缶
・内容量220ml
・約0.7m2塗装可能(膜厚30μm時の理論値)
白色不透明(カラー化は要相談)

主に屋内用途のワンコートタイプ HIREC® 450

HIREC® 450
HIREC450は、超撥水性能はHIREC100と変わりませんが、主に屋内でご利用いただくために開発したものです。幅広い材料に良好な密着性を持つため、下塗りなしで手軽に塗装できるワンコートタイプです。
塗膜は白色不透明(可視光透過率約5%)ですが、薄膜施工のため下地を透かして見せることは可能です。→塗装例
なお、HIREC100と違い光触媒効果を有さないため、大気中の汚れ等が塗膜表面に付着すると超撥水性能は低下します。そのため、HIREC450を屋外で利用する場合の超撥水性能の維持期間は約1シーズンです。
※弊社推奨膜厚(約15μm)での期待期間です。超撥水性能の維持期間はご利用環境等により異なりますので、性能維持期間を保証するものではございません。
推奨環境 主な用途 特徴
屋内 熱交換器、フィルター、など 白色不透明(カラー化不可)
下塗り不要
エアスプレー塗装のみ対応
塗装仕様等はこちら

HIREC 450の補修用スプレータイプHIREC® 1450NF

HIREC® 1450NF
HIREC1450NFは、HIREC450塗布面の軽微な補修用として、手軽にお使いいただけるエアゾールタイプの超撥水材料です。噴射剤にフロン類は使用しておりません。
推奨環境 主な用途 特徴
屋内 HIREC450の簡易補修用 スプレー缶
・内容量145ml
・0.5m2塗装可能(膜厚15μm時の理論値)
白色不透明
下塗り不要

スプレータイプの取り扱いについて(HIREC®1100、HIREC®1450NF)

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

材料分析サービス

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

カタログ一覧

閉じる