ホーム > 設備保全 > 超撥水材料 HIREC® > 適用例 > 風力発電へのHIREC100試験施工結果

風力発電へのHIREC100試験施工結果

お問い合わせする
p40021_23.jpg

超撥水材料HIRECをブレードの要所に塗装し、発電効率向上に有効性であるかを確認するための試験施工を行いました。

問題点や課題のポイント

風力発電では、冬季の着雪・着氷による発電効率低下が問題となることがあります。ブレードを加熱することにより融雪・融氷する方式もありますが、加熱電力コストが高いことや、融雪・融氷された水が再度ブレードで凍結するランバック着氷が課題です。

対策のポイント

超撥水材料HIRECをブレードの要所に塗装し、発電効率向上に有効性であるかを確認するための試験施工を行いました。


HIRECを塗装しない場合と比較して、約9ptも発電効率が改善されたことが分かりました。


実施概要
場所 欧州の山中高所にある風力発電機(冬季は氷点下10℃を下回り、積雪等も発生する地域)
実施内容 HIRECを塗装しない通常の風力発電機と、HIRECをブレードの要所に塗装した風力発電機について、1年間の発電効率を比較。
結果 HIRECを塗装しなかった風力発電機の発電ロス率(全機平均):約27.5%
HIRECを塗装した風力発電機の発電ロス率:約18.5%↓ 

NTTアドバンステクノロジでは、お客様の利便性の向上のために、サイト内でのお客様のアクセスログ記録にクッキーを使用しています。詳細は、プライバシーポリシーをご参照ください。

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

  • 形態観察
    デバイスや材料の形態・構造、および結晶構造解析を行っております
  • 試験特性評価
    光通信材料の光学特性や材料のガス透過性、粘弾性、熱物性・粉体特性の評価・測定

材料分析サービス

安全防災支援サービス

  • 安全・防災コンサル
  • 安全教育・講習サービス
  • 安全点検業務支援
閉じる

課題解決のご提案一覧

ガスパイプライン点検作業

閉じる

カタログ一覧

閉じる