ホーム > 設備保全 > 超撥水材料 HIREC® > 適用例 > 5Gアンテナカバーへの降雨や着雪対策に必要なこととは?

5Gアンテナカバーへの降雨や着雪対策に必要なこととは?

来る5G時代!高速/低遅延/高信頼の実現に向けて

環境ビジネスユニット TEL 0422-39-8966 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム

来る5G時代、こんな意外なところにも影響があるのです!

無線通信に用いられる電波は、周波数帯が高くなるほど水に吸収されやすくなります。そのため、アンテナ上に降雨や着雪があると、その水分により電波減衰が発生し、通信範囲が狭まったり途切れたりすることが知られています。
この電波減衰は、周波数が数GHz帯以上において顕著となり、5G通信で用いられる数GHz~数十GHz帯では特に発生しやすい状況にあります。
つまり、高周波帯ほど集中豪雨や積雪において電波減衰が発生しやすいのです。

電波減衰量の実験を行いました。

当社において、アンテナカバーの材料としてよく利用されるポリカーボネート板上に水膜を付着させ、電波減衰量を測定しました。
p40020_2.jpg
左側のように超撥水材料HIRECを施した面は、水を弾き濡れない状態、すなわち、水膜がほとんど生じない状態となります。

■ポリカーボネート板の状態別での電波減衰量

p40020_5s.jpg

サブ6GHz帯、ミリ波帯ともに電波減衰が発生

上記、グラフをご覧ください。サブ6GHz帯では20dB程度の減衰(青▲)となります。
20dBの減衰は電波透過率に換算すると10%以下となります。

ミリ波帯にいたっては40dB程度の減衰(青★)が起きています。

対して、当社の超撥水材料(HIREC100)を塗布することにより、水滴や水膜は生成されないため、電波減衰をほぼゼロ(赤線)に抑えられることも確認できました。HIREC100自身による電波減衰もほぼゼロであることが分かります。


5G通信の安定に電波減衰対策としてぜひご検討ください。
※50dBの減衰は、電波透過率に換算すると1%以下となります。

担当に詳しく聞く HIREC100商品ページを見る

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

  • 形態観察
    デバイスや材料の形態・構造、および結晶構造解析を行っております
  • 試験特性評価
    光通信材料の光学特性や、タッチパネル、ハンディ端末の指紋汚れの定量評価等

材料分析サービス

閉じる

課題解決のご提案一覧

ガスパイプライン点検作業

閉じる

カタログ一覧

閉じる