ホーム > 光学部品・光学素子 > ハイパワーレーザ用反射型ビームシェイパ > ハイパワーレーザ用ビームシェイパ

ハイパワーレーザ用ビームシェイパ

10kW超級のハイパワーレーザに対応可能な光反射タイプのビームシェイパ

営業部門 TEL 046-270-2075 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせする
10kWを超えるハイパワーレーザに対応した、反射型DOE(Diffractive Optical Element)を用いたビームシェイパを作製致します。​
お客様のレーザ仕様(波長、ビーム形状、シングルモード、マルチモード、ビームサイズ等)と、ご希望の出力ビーム形状に合わせてパタンを設計・作製し、提供致します。​​
ご要望により、取り付け治具についても個別対応致します。お気軽にご相談ください。
10kWを超えるハイパワーレーザに対応した、反射型DOE(Diffractive Optical Element)を用いたビームシェイパを作製致します。
成形後のビーム形状の例:円形(ドーナツやトップハット)、矩形、ライン、ビーム分岐等

反射タイプのビームシェイパ​

一般的にビーム形状の変換に使われる透過型の回折素子(DOE)では、光吸収がわずかでも、高出力レーザへの適用では、発熱の影響によりその性能を維持することができず、使用範囲が限定されています。
NTT-ATの反射型のビームシェイパは冷却ユニットを使用して素子を直接冷却できるため, 10kW超級のハイパワーレーザでも性能を発揮できます。

ビームシェイピングの原理
ビームシェイピングの原理

ビームシェイパの用途

レーザによる、「切断(カッティング)」、「穴あけ(ドリリング)」、「溶接(ウェルディング)」、「印字(マーキング)」、「焼鈍(アニーリング)」、「アブレーション」など、幅広い分野に使われています。​

ビームシェイパ表面の電子顕微鏡写真

ビームシェイパ表面の電子顕微鏡写真
1μmピクセル(8ステップ)

仕様例

下記の仕様は一例です。これ以外のビームパタン、光学設計、波長などについても、承りますので、ご相談ください。
項目 仕様(一例)
ビーム形状変換 ガウシアン→ 四角(トップハット)
レーザ波長 1064nm
レーザパワー ~10kW※
入射ビーム径 30mmφ
レーザ入射角 45°
冷却容量(100mm角) 300W
形状 40 mm x 40 mm x 0.5 mm
材質 Si、SiC
集光効率 レンズ無し:70%​
レンズ有り:95%以上
基板につきましては他、石英、サファイア等ご相談ください。
※ 10kWを超えるレーザパワーについては、別途ご相談ください。​

資料ダウンロード

ハイパワーレーザ用ビームシェイパ  


製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

  • 形態観察
    デバイスや材料の形態・構造、および結晶構造解析を行っております
  • 試験特性評価
    光通信材料の光学特性や、タッチパネル、ハンディ端末の指紋汚れの定量評価等

材料分析サービス

安全防災支援サービス

  • 安全・防災コンサル
  • 安全教育・講習サービス
  • 安全点検業務支援
閉じる

課題解決のご提案一覧

ガスパイプライン点検作業

閉じる

カタログ一覧

閉じる