ホーム > 光学材料関連技術 > シリコンフォトニクス・実装サービス > シリコンフォトニクス向けファイバ接続実装サービス

シリコンフォトニクス向けファイバ接続実装サービス

商品お問い合わせセンタ TEL 0120-057-601 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム
Si導波路向けサービス.png
 
Si導波路チップとファイバを接着固定すると、チップの特性評価時に高精度ステージが不要となり、取扱いが容易になります。

チップを固定するベース版やPCB基板との組み合わせも可能です。

実験用サンプルの他、展示用・保管用サンプルなどの作成にご活用ください。

主なサービス内容

ファイバアレイ接続

チップとファイバを接着固定することで、チップの特性評価時に高精度なステージ等の設備が不要になり、光学特性の再現性が向上します。

接続前チップの光学評価

チップの光損失やスペクトルの評価を行います。 チップの事前評価を行う事により、良ポートを選定してファイバ接続できます。

PCB基板との組み合わせ

ワイアボンドでチップの電極パタンと展開用PCB基板を接続することで、電気特性の評価が容易になります。

Si導波路向けのサービスの特徴

接続方法 エッジ接続のみ
接続方法 対向.png
対向
接続方法 90度接続.png
90°接続
ファイバ種類 シングルモードファイバ、PANDAファイバ、
細径ファイバ(MFD*約4μm)、
細径PANDAファイバ(MFD*約4μm)
チップサイズ 幅:5mm~, 長さ:5mm~
ファイバアレイピッチ 127μm~(標準250μm)
調芯波長 1.55μm
*MFD:モードフィールド径
※上記以外の接続につきましては、お問合せください

Si導波路接続事例


固定枠への実装例.png
固定枠への実装例
Si導波路チップ両端にファイバアレイを接着し、接続部への応力を避けるため、固定枠に取り付けています。

取扱いやすくなり、各種チップの評価(電気・温度・波長特性)や、保管に便利です。

PCB基盤実装例.png
PCB基板実装例
Si導波路をプリント基板に実装すると、電気特性の評価が容易になります。

PCB基板とSi導波路チップ間のワイヤボンド加工も承ります。

標準実装例

項目 内容
チップ お客様よりご支給
もしくは、弊社にて作製(シリコン導波路
ファイバアレイ お客様よりご支給
もしくは、別途お見積可能
端面 ガラス貼り、研磨(垂直)
調芯 光が透過する2ポートで調芯して接続

ファイバアレイ接続例
ファイバアレイ接続例
細径ファイバ250μm4芯(端面垂直)

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

材料分析サービス

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

カタログ一覧

閉じる