NTT-AT 先端技術商品紹介サイト Leading-Edge Key Technology Product Information
ホーム > 光コネクタ製造 > 光コネクタ端面検査装置 > なぜ光コネクタの端面検査を行う必要があるのでしょうか?

なぜ光コネクタの端面検査を行う必要があるのでしょうか?

【小冊子ダウンロード】光コネクタ端面汚れが及ぼす影響とその対策

光コネクタ端面検査装置担当 TEL 0422-47-7701 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム

光コネクタ端面検査装置の導入をお考えのお客様へ

光ネットワークの不具合の原因に光コネクタ端面の汚れは大きな割合を占めます。
肉眼では確認できない光コネクタ端面の汚れが反射と損失の増加を引き起こします。
 

肉眼では確認できない光コネクタ端面の汚れが反射と損失の増加を引き起こします
図1.光コネクタの汚れた接続での状態

 

正常な光コネクタ端面   汚れ(手油)が付着した光コネクタ端面
図2.光コネクタの正常な端面(左図)と不具合のある端面(右図)

 

手油による反射減衰量の変化
図3.手脂による反射減衰量の変化

光コネクタ接続前に光コネクタ端面を観察するメリット

接続前に端面を観察することにより端面汚れによる障害を未然に防止できます。
端面の傷や汚れを視認でき、損失発生場所の特定が可能、ネットワーク停止時間の短縮できます。

弊社では健全なネットワーク保持のため、以下のサイクルを推奨いたします。
 

光コネクタ接続前に光コネクタ端面の観察を。

光コネクタ端面状態の確認は、健全なネットワークの保持に必須です!



詳しい資料をご用意しましたので、ご覧ください。

光接続作業者、工事業者の皆様へ

大好評 光コネクタ関連資料第3弾

【小冊子】光コネクタ端面汚れが及ぼす影響とその対策 2.6MB
光コネクタ端面汚れが及ぼす影響とその対策
ダウンロード後、PDF閲覧には、パスワードが必要となります。

パスワードを取得されていないお客様
ダウンロード申込(パスワード取得)フォームにてご登録ください。
ダウンロード申し込みフォームへ
ご登録いただいたメールアドレスにパスワードをお送りいたします。

光コネクタ端面検査装置の導入例

日本テレビ放送網株式会社様

導入製品:FBP-HD3-PA(*1)
*1:FBP-HD3-PAは販売を終了しております。
代替機として、自動判定機能付き端面モニタシリーズを販売しております。

株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(NTT-ME)様

導入製品:FBP-NS-P01(*2)
*2:FBP-NS-P01は販売を終了しております。
現在は後継機のFBP-NS-P101を販売しております。
 

製品一覧

閉じる

サービス一覧

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

ダウンロード一覧

閉じる