NTT-AT 先端技術商品紹介サイト Leading-Edge Key Technology Product Information
ホーム > 光コネクタ製造 > 光コネクタ研磨機・研磨フィルム > 長寿命研磨フィルム ADSシリーズ

長寿命研磨フィルム ADSシリーズ

仕上げ用研磨フィルム

研磨フィルム担当 TEL 0422-47-7701 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム

p0039_10.jpg

特徴

光コネクタ端面の最終研磨に最適

傷や汚れなしで光コネクタの端面を研磨可能です。また、研磨フィルムのバインダーやシリカ砥粒が研磨対象物に溶着しません。研磨レベルは超低反射減衰量(UPC)を実現します。

ADSが得意とする長寿命を同時実現

最終仕上げ性能を維持しつつ、安定した研磨力による長寿命化を同時実現した仕上げ研磨フィルムです。また、蒸留水で高性能研磨が達成できます。

ファイバ凹み現象を大幅改善

特にφ1.25mmフェルール多数回研磨で発生していたファイバ凹みを大幅に改善しました。使用回数を重ねても急激なファイバ凹みの悪化を防ぎます。

仕様

ADSシリーズ 仕上げシリカ研磨フィルム
標準サイズ 丸型(Disk type): 127mm(inch)dia.(100枚/set)
角型(Roll  type): 140mm(5.5inch)×12m(1本/set)
フィルム色 ADS-NEXT:白色半透明(丸型は中心部に"NEXT"の刻印あり)
ADS:無色透明(丸型は中心部に"ADS"の刻印あり)
ADS-SKY:淡青半透明(丸型は中心部に"SKY"の刻印あり)
ベース厚 75μm(3mil)
適用フェルール 2.5mm径 ジルコニアフェルール
1.25mm径 ジルコニアフェルール
保存条件 温度:10~30度、湿度30~60%

測定データ

中心加圧(OFL) 式研磨機 LC/UPC

使用回数によるファイバへこみ変化
反射減衰量

* 本データは研磨結果の一例であり、結果は研磨条件、使用研磨機、フェルールの形状などさまざまな要因に影響されます。

研磨条件(SC/UPC)

研磨機:中心加圧(OFL)式研磨機

  工程名 使用フィルム 時間(秒)
1 接着剤除去 AAS-WA09A-R140-12 60
2 一次研磨  AAS-DM09-127 30
3 二次研磨 AAS-DM01-127 60
4 仕上げ研磨 ADS-NEXT-127 60

 

研磨機:四角治具(SFP)式研磨機

  工程名 使用フィルム 時間(秒)
1 接着剤除去 AAS-WA09A-R140-12 30
2 一次研磨  AAS-DM09-127 30
3 二次研磨 AAS-DM01-127 60
4 仕上げ研磨 ADS-NEXT-127 60

 

研磨機:ATP-3000研磨機(独立加圧式)

  工程名 使用フィルム 時間(秒)
1 接着剤除去 AAS-WA09A-R140-12 15+30
2 一次研磨  AAS-DM01-R140-12 90
4 仕上げ研磨 ADS-NEXT-R140-12 60

ATP3000研磨機製品画像
参考 ATP-3000研磨機情報はこちら

製品画像

製品画像_研磨フィルム
仕上げシリカ研磨フィルム:SiO2タイプ
ADS:無色半透明
ADS-SKY:淡青半透明
ADSNEXT製品画像
仕上げシリカ研磨フィルム
ADS-NEXT:白色半透明
*デザインや仕様は予告なしに変更することがございます。

製品一覧

閉じる

サービス一覧

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

ダウンロード一覧

閉じる