ホーム > 測定器・光計測周辺機器 > 光測定システム、光測定用機能部品 > 自動追尾型偏波コントローラ

自動追尾型偏波コントローラ

営業部門 TEL 046-270-2075 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム

従来、SMFで直線偏光を伝播させようとした場合、SMFでの伝播中に変わってしまった位相を制御、補償して偏波保持ファイバに接続し直す必要がありました。 さらに、SMFで伝播する光の位相は、環境条件(室温、振動など)で刻々変化してしまいその補償は大変困難なものでした。
このように光ファイバオプティックスデバイスの研究開発の現場において、環境条件やファイバの取り扱いなどにより伝播する光の偏波に揺らぎが生じ、偏光の制御が望まれています。
自動偏波制御装置はこの問題を解決し、環境変化に依存しない実験や研究そして製造のソリューションをお約束します。

自動追尾型偏波コントローラ
※本製品はOPTOQUEST社製です。

 

特徴

  • ファイバへの外的要因(応力、熱)による位相差の変化を直線偏波で出力
  • 長距離経路で生じた位相変化をリアルタイムに補償可能

優位性

当社の自動偏波制御装置は、刻々変化する位相を偏光消光比と入力パワーでモニタリング させそれをフィードバックさせることにより、SMF内で生じた位相変化をリアルタイムにかつ高消光比の直線偏光へと補償いたします。偏光補償は当社独自のアルゴリズムにより、短時間での補償が可能となり、また広範囲(60μmW~1W)な入力パワーにも対応し、様々な用途 に対応可能です。
 

標準仕様

型式 PRCC
重量 約5.0kg
寸法 W257mm×D316mm×H112mm
動作温度 10~50℃
保存温度 5~60℃
電源 電圧/周波数 AC90~264V/47~63Hz
消費電力 ≦30W
ヒューズ 3.15A/250V(インレット内蔵)
挿入損失 ≦2.0dB(Typ1.4dB)
リターンロス ≧50dB
入力光パワー AUTOモード -12~30dBm(約60μW~1W) at 1550nm
HIGHモード 8~30dBm(約6.3mW~1W) at 1550nm
LOWモード -12~10dBm(約60μW~10μW) at1550nm
偏光消光比 ≧20dB
波長 1550nm or 1310nm
入力ファイバ SMF or DSF
出力ファイバ PMF or DS-PMF
光コネクタ FC型 or SC型

ご注文の手引き

自動追尾型偏波コントローラ

型番例: PRCC 15 - D / S - DP / S
    (1)   (2)   (4)   (3)   (5)
(1)波長 15:1550nm  13:1310nm
(2)入力ファイバ S:SMF  D:DSF
(3)出力ファイバ P:PMF  DP:DS-PMF
(4)光コネクタ F:FC  S:SC
*本ホームページに記載の内容は、製品の改良に伴い予告なしに変更する場合があります。

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

  • 形態観察
    デバイスや材料の形態・構造、および結晶構造解析を行っております
  • 試験特性評価
    光通信材料の光学特性や、タッチパネル、ハンディ端末の指紋汚れの定量評価等

材料分析サービス

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

カタログ一覧

閉じる