ホーム > 光コネクタ製造 > 光コネクタクリーナ > クリーナスペシャルコンテンツ > どのように光コネクタクリーナを使いますか?

どのように光コネクタクリーナを使いますか?

光コネクタ端面清掃の様子を映像でご覧ください。

光コネクタプラグを清掃する場合

光コネクタプラグを清掃する場合は、CLETOP-SやOPTIPOP Rをお使い下さい。
光コネクタプラグの端面を、クリーナの清掃面に押し当てて、スライドするだけで、誰でも簡単にコネクタ端面をクリーニングすることができます。
 

製品画像_光コネクタクリーナ

光コネクタを拭く様子 OPTIPOP R(左)、CLETOP-S(右)

 

*ここでは、OPTIPOP R を例にとって説明しています。

清掃の様子

 

光ポートを清掃する場合

光ポート(レセプタクル、アダプタ奥のフェルール端面)を清掃する場合は、スティックタイプのCLETOPStickやNEOCLEAN-S、ペンタイプのNEOCLEAN-EZやNEOCLEAN-Eをお使い下さい。
スティックの場合にはアダプタの穴に挿し、軽く押しながら、一定方向に2~3回スティックを廻します。
ペンタイプの場合は、同じくアダプタの穴に先端を挿入し、プッシュするだけで清掃できます。

※ここでは、光コネクタアダプタ内部の清掃を例に取って説明します。

アダプタを清掃する場合

光コネクタ清掃時の注意

レーザー光は人体や装置に悪影響をおよぼす可能性があるため、光コネクタの着脱は装置の取扱説明書に従ってください。レーザ停止が一般的です。 弊社の検証では、+18dBm(63mW) のレーザー光が通光しているときに、クリーナ の拭き取り動作で光コネクタの汚れがコアを横切るとファイバが溶融する事象が確認されています。

お問い合わせする

 

NTTアドバンステクノロジでは、お客様の利便性の向上のために、サイト内でのお客様のアクセスログ記録にクッキーを使用しています。詳細は、プライバシーポリシーをご参照ください。

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

  • 形態観察
    デバイスや材料の形態・構造、および結晶構造解析を行っております
  • 試験特性評価
    光通信材料の光学特性や材料のガス透過性、粘弾性、熱物性・粉体特性の評価・測定

材料分析サービス

安全防災支援サービス

  • 安全・防災コンサル
  • 安全教育・講習サービス
  • 安全点検業務支援
閉じる

課題解決のご提案一覧

ガスパイプライン点検作業

閉じる

カタログ一覧

閉じる