ホーム > 光学接着剤 > 精密接着剤

精密接着剤

商品お問い合わせセンタ TEL 0120-057-601 (受付9:00~17:00)土日祝日年末年始を除く平日
お問い合わせフォーム

特徴

  • 硬化時や温度変化に対する固定位置変動が極めて少ないため、サブミクロンオーダーの接着固定が可能
*硬化収縮率が小さい(2%以下)
*熱膨張係数が小さい(40ppm/℃以下)
  • AT9290Fは硬化後に透明化
  • ヒートサイクル試験(-40〜85℃)に耐える高信頼性
  • ハンダリフロー処理に耐える高耐熱性(260℃)

熱膨張係数と硬化収縮率
 

【使用例】マイクロボールレンズの固定

イメージ図
イメージ図
LDモジュールの温度特性
LDモジュールの温度特性

特性値

型番
[主成分]
粘度
(mPa・S)
硬化条件
[照射強度、時間]
硬化収縮率
(%)
ガラス転移温度
Tg(℃)
熱膨張係数
(ppm/℃)
接着強さ
(kgf/cm2)
特長
AT4291A
[エポキシ] (*1)
25,000 100mW/cm2
10min
2 206 23 >116 低粘度
AT9290F
[エポキシ] (*1)
45,000 100mW/cm2
10min
1 140 31 >200 硬化後透明(硬化深度大)
AT3862P
[エポキシ] (*1)
180,000 100mW/cm2
10min
0.5 195 20 >210 硬化収縮率小
高粘度
AT3916P
[エポキシ] (*1)
36,000 100mW/cm2
10min
0.9 233 18 >220 低粘度
*1...「医薬用外劇物」含有製品です(取扱いに関しては、SDS(MSDS)をご参照下さい)

表の特性値はサンプル測定値であり保証値ではございません。
 

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

  • 形態観察
    デバイスや材料の形態・構造、および結晶構造解析を行っております
  • 試験特性評価
    光通信材料の光学特性や、タッチパネル、ハンディ端末の指紋汚れの定量評価等

材料分析サービス

閉じる

課題解決のご提案一覧

閉じる

カタログ一覧

閉じる