ホーム > 材料分析サービス > 形態観察 > 透過電子顕微鏡 TEM > ウィークビーム法によるGaNエピ膜の転位観察

ウィークビーム法によるGaNエピ膜の転位観察

お問い合わせする

ウィークビーム法とは

励起誤差を大きくした条件(|sg|>>0)で観察するため、通常の条件(sg=0, もしくは僅かに正)に比べて回折波の強度が弱い(ウィークビーム)。転位芯近傍のみがBragg条件を満足するため、通常の暗視野像に比べシャープな転位像が得られる。

 

ウィークビーム法により転位をシャープに観察し、転位の種類(刃状、らせん)を判定しました。

 

NTTアドバンステクノロジでは、お客様の利便性の向上のために、サイト内でのお客様のアクセスログ記録にクッキーを使用しています。詳細は、プライバシーポリシーをご参照ください。

製品一覧

閉じる

サービス一覧

材料分析サービス

  • 形態観察
    デバイスや材料の形態・構造、および結晶構造解析を行っております
  • 試験特性評価
    光通信材料の光学特性や材料のガス透過性、粘弾性、熱物性・粉体特性の評価・測定

材料分析サービス

安全防災支援サービス

  • 安全・防災コンサル
  • 安全教育・講習サービス
  • 安全点検業務支援
閉じる

課題解決のご提案一覧

ガスパイプライン点検作業

閉じる

カタログ一覧

閉じる